ブランド

【 商標 】

ブランドとは、企業がモノやサービスなどを世の中に出すときの商標、銘柄。企業自体をブランドとする場合もある。もともとは家畜に焼印をつけ、他との区別をすることから始まっているが、現代ではブランドは、消費者の商品へ対する信頼性を得るための無形の資産として重要視されている。別々の企業が出したほぼ同じ内容の商品でも、ブランド価値の高い方が選ばれる傾向にあり、ブランド価値を高めていけば、値段が高くしても売ることが可能となる。

優良なブランドを育てるには優良な商品づくり、価格設定、ロゴデザイン、広告戦略、顧客対応、企業の行動など様々な面での活動が必要とされているが、費用の投下した分に比例してブランドが育つともいえないため、優良なブランドづくりは難しい作業といえる。会計上でブランド価値を計上することができないが、企業が優良なブランドを持つ他の企業や事業を買収する際には、ブランド価値への対価として巨額を支払うこともある。ブランドが持つ資産価値をブランドエクイティという。

また消費者が反復して特定のブランドを購入することをブランドロイヤルティといい、消費者のブランドの忠誠心を表している。モノやサービスが競合他社と同じような水準にあり、差別化が図りにくい分野では消費者のブランドロイヤルティを高めることに注力することもある。