ブルーオーシャン戦略

ブルーオーシャン戦略とは、既存の市場ではなく、未開拓の市場を創造することで競争自体を無意味なものにする戦略のこと。消費者の新しい需要を掘り起こし、高い付加価値を付けながらもコストを下げていくことで、差別化と低コストの実現を同時に目指し、利潤の最大化を狙う。

戦略を実践するうえでは、徹底した差別化を追及し、市場の再定義を行うことで競争のない新規市場を創造することが必要となる。

そのような市場を見つけ出すための分析には戦略キャンパスという手法が用いられる。これでは競争要因と、自社と他社のレベルを表と曲線で表すことにより、取り組みの違いを比較して、新たな高付加価値の市場を見つけることができる。

またブルーオーシャン戦略と対比される戦略として、レッドオーシャン戦略が挙げられる。こちらは既存の市場で、限りある需要を奪い合いながら、ライバル企業を打ち負かす戦略を意味する。この場合、企業は差別化もしくは低コストのいずれかの戦略を選択するとされる。