ブルーチップ

ブルーチップとは、アメリカの株式市場における収益性、成長性、安定性に優れる企業の株式のこと。ダウ工業株30種平均などに採用される、ごく一握りの優良銘柄を指して言う。日本においては、トヨタやキヤノンなどのような銘柄がこれに当たる。語源には諸説あるが、ポーカーで用いられる最高額のチップをブルーチップと呼んだことから、これが転じて株式用語となったという説が有力といわれる。現在では日本の株式市場においても使われるようになってきており、ファンド名などにも冠されている。