事業部制組織

事業部制組織とは、企業が多角経営や地理的な拡大をはかる場合に事業ごとや地域ごとに事業部を組織して本社の権限を委譲し、各事業部を本社が統轄するという組織形態のこと。事業部制組織にすることにより、各事業部による迅速な意思決定を促し、事業を円滑化するとともに、本社の負担を減らすことができ、効率的な企業の運営につながる。また、事業部制組織をさらに発展させた制度をカンパニー制という。

事業部ごとに損益計算書を作成し、事業部ごとの利益責任を明確になり、負担が減った本社部門では会社全体の戦略に集中できるようになるなどのメリットがある。反対にデメリットとしては、事業部ごとの壁が生まれるために、新しいサービスへの発想が出にくくなるほか、経営機能が事業部ごとに組織されるため、経営資源での無駄が生じることなどがあげられる。近年ではこれらのデメリットを緩和するかたちで事業部制組織を形成する場合がある。