保税地域

保税地域とは、保税貨物を置くことができる特定地域のこと。保税とは、外国貨物の輸入許可が未済の状態という意味で、関税の徴収は保留されている。保税地域では輸出入手続きを効率的に行うことができ、加工、製造、展示なども行える。ただし、関税を徴収する機会の確保や取締りため、外国貨物は税関の監督下に置かれる。

保税地域には、「指定保税地域」、「保税蔵置場」、「保税工場」、「保税展示場」、「総合保税地域」の5種類があり、それぞれ貨物の蔵置期限が異なる。指定保税地域は財務大臣の指定した地域に限られ、原則1ヶ月間のみ貨物を置くことができる。保税蔵置場、保税工場、総合保税地域は税関長の許可により2年間貨物を置くことができ、延長も可能である。保税展示場も税関長の許可により貨物の配置が認められるが、期間は税関長が必要と判断した期間のみとされる。なお、東京モーターショーなどは、保税展示場の制度を利用して開催されている。