保険料

保険料とは、各種損害保険や生命保険へ加入した際、加入者が納める料金のこと。企業会計上では、損益計算書で使用される勘定科目の、販売費及び一般管理費の部の仕訳のひとつ。建物の火災保険料などの各種損害保険料や車両の自賠責・任意保険料、生命保険料など、法人が加入し、法人が受け取る場合の保険料を保険料の勘定科目へ計上する。ただし、掛け捨てでない保険料は資産計上をし、貸借対照表固定資産の部の積立保険料の勘定科目へ計上する。なお、保険事故による収入は、雑収入の勘定科目を使用し、社会保険料や労働保険料の会社負担額は、法定福利費の勘定科目を使用する。保険料を年払いした場合、決算期間の1年を超える部分については前払費用勘定する必要がある。

計上方法の例としては、自動車保険10万円を小切手で支払った場合、左側の借方には保険料として10万円、右側の貸方には当座預金として10万円を計上する。