修繕費

修繕費とは、企業会計上で、バランスシート(貸借対照表)で使用される勘定科目の、販売費及び一般管理費の部の仕訳のひとつ。事業用の建物や、機械、器具、車両工具や備品など有形固定資産の破損箇所の復元や部品交換など、原状回復や現状維持のための修繕維持費を修繕費の勘定科目へ計上する。例えば、壁の塗り替えや、自動車のタイヤの取り替え、機械の保守費用などの費用がこれにあたる。ただし、有形固定資産の価値や機能の向上、耐用年数の延長のための支出については、固定資産勘定になるため、修繕費の勘定科目は使用できない。

計上方法の例としては、配水管の修理代金10万円を現金で支払った場合、左側の借方には修繕費として10万円、右側の貸方には現金として10万円を計上する。