割り印

【 割印 】

割り印とは、2つ以上の文書を作成した時に、その2つの文書が同一のもの、あるいは関連したものを表すため、2つの文書にまたがって押される印鑑のこと。同じ内容の契約書が一対であることを証明し、お互いに書類の内容に同意した事を示すために押されることもあれば、領収書と領収書の控えのように関連するもの同士に押されることもある。

割印は契印とは異なり、必ずしも末尾に署名捺印記名押印と同じ印でなくてもよいとされている。