変動相場制

【 フロート制 】

変動相場制とは、外国為替市場にて取り引きされる為替の交換レートを固定せずに、市場の需要と供給の動きを通じて決める制度のこと。対して為替レートを各国政府間で固定、維持する制度のことを「固定相場制」と呼ぶ。

ちなみに、完全な変動相場制ではなく、一定の変動幅の範囲内において自国通貨を変動させる制度のことを「管理変動相場制(管理フロート制)」という。具体的には2005年7月に中国の人民元が、固定相場制から管理変動相場制へと移行した。