威光価格

威光価格とは、価格が高い製品ならば品質が良く、ステータス(社会的な地位)が得られると考える消費者の心理を狙い、意図的に高く設定された価格のこと。

一般には製品価格が高くなるほど、その需要量は減る。しかし、例えば宝石のように価格が高いと品質も良く、逆に低いとその品質も劣ると判断される傾向にある製品では、一定の水準より価格を低くすることで、需要量が低下する場合がある。そのため、貴金属や高級時計などを取り扱う企業においては、しばしば威光価格がとられる。

購入頻度が少なく、消費者による品質や効果の判断が困難な製品に適した価格設定といえ、実際にそのような製品において多く用いられている。