当座借越契約

当座借越契約とは、当座預金から残高よりも高い金額を小切手として振り出したいときに、銀行と結ぶ契約。当座預金残高以上の金額を小切手として振り出せば、通常不渡り処分となるが、当座借越契約を銀行と結んでいれば不渡り処分を回避できる。

例えば、当座預金が150,000円で銀行と300,000円の当座借越契約を結んでいる時、仕入れの為200,000円の小切手を振り出して支払ったとすれば、帳簿上は借方買掛金200,000円を記入し、貸方に当座預金150,000円と当座借越50,000円を記入する。この後、当座預金に300,000円預け入れるとすると、まず当座借越を返済してから当座預金に預け入れることになる。帳簿上は、借方に当座借越50,000円と当座預金250,000円を記入し、貸方に現金300,000円を記入する。