当座資産

当座資産とは、貸借対照表資産の部を構成する流動資産の中で、すぐに現金化できる資産のこと。1年以内に現金にすることができる資産が流動資産で、流動資産の中でも当座資産は特に現金にしやすい資産のこと。当座資産には、現金、預金売掛金受取手形、一時的に所有している有価証券がある。

なお、当座資産と流動負債の比率を当座比率といい、当座資産÷流動負債×100で計算し、%で表示される。当座比率は、短期間な負債に対する支払い能力を判断する指標かつ、財務の安全性を分析する指標となる。