未成工事受入金

未成工事受入金とは、勘定科目で用いられる流動負債の部の仕訳のひとつで、工事を受注した建設業者が受注元から、工事完成前に工事代金として受け取った一部および全部の金額のこと。一般会計上の前受金に相当するもの。建設業の会計であっても、一般的に使用されている前受金として仕訳する企業もある。

決算期後1年以内に受け渡し予定のものだけが未成工事受入金に計上される。未成工事受入金が多いほど、企業のキャッシュフローが向上し、資金繰りを楽にすることができるため経営上はプラスに働く。

例えば請負金額が300万円の工事に対し、頭金として150万円振り込まれた場合、(借方)普通預金 150万円/(貸方)未成工事受入金150万円、と仕訳する。その後、工事が完成して引渡す際には(借方)完成工事未収金 150万円および未成工事受取金 150万円/(貸方)完成工事高200万円というように仕訳する。