材料出尽くし

材料出尽くしとは、株価に影響を与えるとみられていた材料が発表されても、株価に影響がない、あるいは株価が反対の方向に動くこと。材料出尽くしという現象が起こるのは、株取引ではあらかじめ好材料、悪材料が見込まれて取引されているため、材料が発表される前に株価が動いており、材料が発表されても、それ以上動かないか反対の方向に動くことになる。

あらかじめ好材料、悪材料が見込んだ取引が実施され、株価に反映されることを織り込み済みという。また、材料出尽くしの材料が好材料である場合は好材料出尽くし、悪材料である場合は悪材料出尽くしと呼び、好材料には決算中間決算、四半期決算発表後の上方修正、有力な新製品の開発など、悪材料には下方修正、経営悪化などがある。