板寄せ方式

板寄せ方式とは、株式の取引所取引の売買成立法の一つ。一斉に売買注文を集めて売呼値及び買呼値を一度につき合わせ、価格的に優先順位の高いものから対当させながら、もっとも多く約定する値段を求め、その値段を約定値段をとして売買取引を成立させる方法。

株式市場における株取引の仕組みは、一般的には「価格優先」「時間優先」「成行優先」による競争売買方式である。しかし「寄り付き」と呼ばれるその日の取引で最初に成立した取引や、「引け」と呼ばれる最後の取引の場合にはこの板寄せ方式が用いられる。寄り付きと引けの間の取引はザラ場と呼ばれ、売りと買いの注文条件が合ったものから早い順につぎつぎに売買を成立させるザラ場方式(競争売買方式)で取引される。また、売り注文か買い注文の一方が殺到したときには板寄せ方式に変更し、その状況は特別売り気配特別買い気配という形で板情報に現れる。