正常営業循環基準

正常営業循環基準とは、企業会計における負債や資産を、流動、固定に分類するための基準のこと。貸借対照表流動資産と固定資産分類の基本は、決算日の翌日から初めて、1年以内に回収や支払ができるかどうかが基準となる一年基準(ワンイヤールール)である。その一年基準を補足するルールで、現金預金受取手形売掛金棚卸資産前払金といった会社の主目的たる営業取引の過程にある資産と、その資産調達のために生じた債務を、一年基準とは関係なく、正常な営業循環内にあるかどうかを基準として「流動資産」「流動負債」に分類するという考え方である。これにより、貸借対照表の流動、固定計上区分を分けるルールは、正常営業循環基準とワンイヤールールの組み合わせとなっている。