決済性預金

【 決済用預金 】

決済性預金とは、当座預金無利息普通預金別段預金(為替取引関係)を対象に全額保護を約束する決済性の特定預金のこと。預金保険制度のもとでは、1金融機関につき、預金者1人あたり元本合計1,000万円とその利息が保護対象となっているが、企業では、決済をするにあたり1,000万円を超える資金が口座にあることが多い。金融機関破綻の際に影響を避けるため全額保護されるが、無利息である。2002年の預金保険法が改正され、2004年に決済用預金の導入が認められた。