法人化

【 法人成り 】

法人化とは、個人で事業を運営している者が、事業を法人化すること。法律で定められたことばではないが、個人事業主株式会社合同会社などを設立することを法人成りと呼ぶ。

個人事業主とは自営業やフリーで仕事をしている事業者のことで、事業規模が大きくなるほど、法人成りした方が節税対策などの面で、メリットが多くなる。他にも取引上の必要性から法人成りをする場合もある。

法人成りすることで、給与所得控除が使える、個人の事業税が0円になる、役員報酬による節税など節税面によるメリットが大きい。また、取引先からの信頼や銀行からの資金調達ができる点もメリットとなる。

一方で、会社登記が煩雑であり、費用もかかること、会計帳簿面で正確性が求められ、決算書は公表する義務があること、社会保険に強制加入しなければならないことなどがデメリットとしてあげられる。