流動性リスク

流動性リスクとは、株式への投資を行う場合に生じるリスクのひとつで、ここでの流動性とは、取引高が少なくて、必要な時に思うような価格で売れないこと。よって、売買が極端に少ない銘柄を換金しようと思ったとき、希望した価格で売れない可能性のあるリスクのことである。市場に出回る株式の絶対量や取引量が少ない銘柄や、人気薄の状態にある銘柄などにおこる。どうしても売りたい場合には、時価よりも大幅に安い値段を提示しなければならないことになりかねないため、流動性リスクの高い銘柄は、その分安い価格で取引されることが多い。また、この価格差を流動性プレミアムという。

債券の場合は、戦争や混乱の起こりにくい国よりも、起こる可能性の高い国の債券の方が流動性リスクが高いといえる。株式投資の際に生じるリスクには他にも、価格変動リスク為替変動リスク信用リスクカントリーリスクなどが存在する。また、金融機関などにとっての流動性リスクとは、流動資産の調達運用に関わるリスクのこと。運用と調達の期間のミスマッチや予期せぬ資金の流出により、決済に必要な資金調達に支障をきたすことや、通常より著しく高い金利での調達を余儀なくされるリスクのことであり、企業の社会的責任(CSR)の一環として管理している企業も多い。