物上担保付社債

物上担保付社債とは、株式会社が発行する債券のひとつで、社債の発行会社が保有する特定の物的財産(土地、工場、機械設備、船舶など)を担保としている債券のこと。現在発行されている社債は、無担保社債が主流であるが、担保付社債には、物上担保付社債のほかに、社債の発行会社の全財産によって優先的に弁済される権利が付されている一般担保付社債がある。

物上担保付社債を発行する場合には、担保付社債信託法という法律に基づき、債券の発行会社と受託会社(都市銀行信託銀行地方銀行など)との間で信託契約が結ばれる。万が一、発行会社が債券の償還ができなくなると、受託会社が担保権を実行し、社債権者に代わって担保物権を処分するなどして元利金の支払いに充当させる。