物的会社

物的会社とは、会社と社員の関係が希薄で、資本金といった会社財産に活動と信用の基礎が置かれている会社。株式会社および有限会社を指す。無限責任社員が信用の基礎となる合名会社合資会社を指す人的会社と対比して使われる言葉。なお、有限会社は、会社法の施行に伴いすでに廃止されている。この物的会社においてはその財産はあくまでも会社の財産であり、社員のものではない。であれば負債も同様、会社の負債であって、社員の負債ではないという考え方が成立する。それが有限責任の根拠となるので出資額を限度とする有限の間接責任を負うに過ぎない社員、株主のみから構成される会社とも言える。