現物取引

現物取引とは、株式取引には現物取引と信用取引があるが、投資家自身の資金を用いて行う取引を現物取引という。つまり、投資家は投資した金額の範囲内で株式の売買を行うため、利益も損失もその範囲内となる。決済日に証券会社と投資家の間で株式(=現物)と現金がやり取りされるため、このように呼ばれる。日本では、受け渡しは約定日(売買が成立した日)の三日後である。また、取引によって得られた利益や株式、配当金等は全てその投資家のものになる。