生活保護

生活保護とは、国や地方公共団体が、貧困者のために最低限の生活を経済的な面から援助すること。年齢や疾病の有無、働いているかどうかには関係なく、生活困窮者であれば誰でも受ける権利がある。しかし、現金・預貯金があったり、働けるのに働かない場合は保護の対象にはならないなど、制約も多い。 生活保護を受けるには、民生委員や地域の役場、福祉事務所などに相談し、保護が必要であるか調査を受けて、審査に通れば決定される。

生活のために必要な支出のための生活扶助、治療費のための医療扶助、義務教育のための教育扶助など、その目的に応じて様々な形態がある。