純資産

【 純資産の部 】

純資産とは、総資産から負債を引いた部分のこと。資産の部負債の部、純資産の部からなる貸借対照表の一部を形成しており、純資産の分の内訳には大きく分けて株主資本、評価・換算差額等、新株予約権があり、連結会計の場合には少数株主持分も含まれる。

純資産のうちの株主資本は資本金資本剰余金利益剰余金自己株式などによって構成されており、評価・換算差額等は有価証券評価差額金、為替換算調整勘定などで構成される。

純資産は自己資本と同義であり、社債借入金といった他人資本と違い、返済の義務がない。従って総資産における自己資本の割合を示す、自己資本比率が高いほど、企業の財務的な安全性が高く、経営が安定しているとみることができる。