終身保険

終身保険とは、終身保険とは生涯にわたって保障が継続するタイプの保険であり、現在販売されている保険商品のなかでは最も一般的なものである。保険料の支払いは、保障期間と同様に一生涯支払いを続ける終身払いと一定の期間保険料を支払うことで生涯の保障を得る短期払いの2種類がある。一般的には終身払いの方が支払い合計額は割安になっている。

終身保険のメリットとしては、掛け捨てにならずに亡くなった時には必ず保険金がおりるので遺族補償に優れているという点が挙げられる。また、保険を解約した時に契約の経過年数に応じた解約返戻金が支払われる点も人気を集めている。一方では、定期保険に比べると保険料は割高になっている。また、保障が一生涯続くということは満期がないということを意味するため、満期保険金は存在しない。

従来の終身保険は、顧客から受け取った保険料を保険会社が運用して契約で定められた保険金が支払われる定額終身保険が主流であった。しかし、現在は運用責任の一部を顧客が被り、運用成績によって保険金や解約返戻金の額が変化する変額終身保険や利率変動終身保険なども登場している。これらの変額終身保険の保険料は定額終身保険に比べて割安になっている。