繰越利益剰余金

【 未処分利益 】

繰越利益剰余金とは、利益のうち、株主総会で処分内容を決定する利益のこと。貸借対照表純資産の中にある勘定科目で、会社法施行前は未処分利益と呼ばれていたもの。

繰越利益剰余金は、当期利益と前期繰越利益などの合計額および、積立金の積立もしくは取り崩しを加減した金額で、株主総会によって、株主配当役員賞与利益準備金などに利益処分の方法が決定される。その上で留保されるものは繰越利益剰余金のままで、翌期の繰り越される。