製品ポートフォリオ

【 プロダクトポートフォリオ 】

製品ポートフォリオとは、企業が手掛ける製品の組み合わせのことで、投資すべき製品、撤退すべき製品、投資資金を生み出している製品を明確にするためにプロダクトポートフォリオが構成され、多角化事業の選択と集中を判断するための分析手法であるプロダクトポートフォリオマネジメントに役立てられる。

プロダクトポートフォリオでは、市場成長率と市場シェアという2軸によるマトリクスにより、自社製品の分析をする。このマトリクスで、市場成長率も市場シェアも高いセルは「花形」と呼ばれ、その製品には投資することが望ましい。

次に、市場成長率が低く、市場シェアが高いセルは「金のなる木」と呼ばれ、成熟産業であり、資金がかからず高収益を上げる分野である。しかし市場の将来的な成長性が低いため、長期的な投資よりも、短期的な利益の刈り取りが望ましいとされる。

さらに、市場成長率が高く、市場シェアが低いセルを「問題児」と呼ぶ。将来性を見込んで追加投資をするか、あるいは撤退をするかという困難な意思決定を行わねばならず、企業の内部環境や外部環境と照合して判断せねばならない。

最後に、市場成長率も市場シェアも低いセルは「負け犬」と呼ばれ、早期の撤退や売却が望ましい分野とされる。

多様な製品群を持つ大企業は製品ポートフォリオを用いることで、戦略的事業単位(SBU)に製品群を振り分けて、SBUの特性を把握した上で維持・追加投資・廃棄といった戦略の決定を行う。