賃金カーブ

賃金カーブとは、縦軸に賃金の絶対額を、横軸に年齢をとったグラフで表されるカーブのこと。

日本においては、概ね年齢が増えるにつれて賃金も上昇していき、ほぼ右肩上がりのカーブが描かれる。

この賃金カーブは、年齢が上がるにつれて子供の教育費などの生活費が上昇することに対応して決定されていたもので、生活を保障するという意味合いから設計されていた。

しかし近年ではこの曲線が緩やかになってきている。その背景には、年齢とともに増加すると考えられる生活費を考慮するという概念から脱却し、成果主義を導入する企業が増加していることが考えられる。

また、成果主義の導入が増加したことにより、同一年齢内での賃金のばらつきが以前よりも大きくなっていると推測されている。