赤字

赤字とは、支出が収入よりも多いこと。企業会計では決算の結果、損益計算書によって赤字か否かが判明する。損益計算書は営業損益、営業外損益、特別損益、税金額などが順を追って記されており、最終的に全ての損益税金を加減した結果当期純利益が出る。この当期純利益がマイナスの数字であれば企業全体が赤字となる。

営業利益など、各段階での収支を見て赤字であるかどうかを判断する場合もあり、全体の収支のうちどの部分が赤字の原因となっているかを見極めることができる。例えば全体の収支が赤字でも、本業の収支を表す営業利益が黒字で、特別損益などのせいで全体が赤字となっている場合もあり得る。また、減価償却費が多く計上されるなど、見た目の費用が多いだけで、実質的には黒字だが帳簿上は赤字になるということもあり得る。

ちなみに、法人税は税引き前当期利益にかかるもので、この時点で赤字を計上していれば法人税はかからない。