遺言信託

遺言信託とは、信託銀行に遺言書の管理を委託し、死後はそれに沿って自身の財産を処分、分配させる制度のこと。

遺言信託の期間は長期に渡ることが多いため、契約受託者には財務管理能力と永続性のある法人であることが求められる。そのため日本では信託銀行のみが契約受託者となれる。

遺言信託の業務では、遺産分割に関するコンサルティング、遺言書の作成や保管、遺言書による遺産分割の執行、税金面の相談などをトータルして行う。