金融の自由化

金融の自由化とは、政府によって管理されている金利、業務分野、金融商品、店舗などの規制を緩和すること。金利の自由化や、金融機関の業務分野規制の緩和、国内外の資本取引の自由化などの総称となっている。米国では1970年代から金融の自由化が始まり、日本では1980年代になってから個人金融資産の増加や、海外との相互依存関係により急速に加速した。1994年に預金金利の自由化が完了している。