長期繰延税金負債

長期繰延税金負債とは、企業会計上、バランスシート(貸借対照表)で使用される勘定科目の、流動負債の部の仕訳のひとつ。

流動資産や流動負債に関連する繰延税金負債を計上する企業会計上と、課税所得計算上(税法上)では算定方法が違うために「資産」や「負債」の額が両者で異なってしまうことがある。税法上の課税所得が、会計上の課税所得より多くなるときに使用する。また、会計上は当該期に認識すべき税額が、税法上は将来の期に認識される。この時差を考慮するために仕訳られる。この場合、実際に支払った税金が、本来支払う税金より少ない分、将来的に支払うという意味で流動負債の部になっている。ただし、将来加算一時差異がない場合や、事業休止などで将来の課税所得が生じない場合は、繰延税金負債の計上はないことになる。