非正規雇用

non-regular employment 】 非典型雇用

非正規雇用とは、パートタイム、有期雇用など正社員以外の雇用をいう。具体的には、パート・アルバイト契約社員派遣社員などがこの形態での雇用である。反対に、特定の企業と継続的な雇用関係をもち、雇用先の企業においてフルタイムで働くような雇用を正規雇用という。現在非正規雇用者の人数、特に若年層においての人数が増加しているといわれている。この非正規雇用者の増加は、雇用される側では高校や大学を卒業しても就職口が無く非正規雇用で働かざるを得ない状況があることなどにも起因しているといわれている。企業が非正規雇用を行うメリットとしては、雇用保険料や社会保険料を支払わなくてすむのでコストが世紀雇用に比べてかからない、正社員が高度な仕事に専念できるようになる、労働生産性が向上するなどがあげられる。デメリットとしては、ノウハウの蓄積・伝承が難しい、外部への機密漏えいの危険があるなどがあげられる。