風説の流布

風説の流布とは、株価の動きを操作するために嘘の情報を流すこと。嘘の情報に惑わされた投資家などが損失を被る恐れなどがあるため、証券取引法において違法行為とされており、風説の流布であると知った場合証券取引等監視委員会に通報することができ違反者は懲役や罰金を科せられる場合もある。会社の役員や社長が逮捕される事件なども起きており、最近ではライブドア事件ではこの行為があったのかなかったのかも焦点のひとつとなった。嘘の情報が広まると、海外の市場でも問題になる場合があり、証券市場の安全性や善良な企業を脅かすことになる。