LIBOR

London Interbank Offered Rate 】 ロンドン銀行間取引金利 / ライボー

LIBORとは、LIBOR とはロンドンにおける銀行間の取引金利である。一般的には英国銀行協会(British Bankers’ Association、BBA)が複数の銀行の金利を午前11 時の時点で集計して毎日発表するBBA LIBORのことを指す。

LIBOR は国際的な金融取引の際に金利の基準とされる。例えば、プロジェクトファイナンスなどの国際的な融資契約を行う際には「LIBORに何%上乗せ」という表記で金利が決定されることが多い。一般に信用力の高い企業はLIBORより低い金利で融資を受けることができ、企業のリスクが高ければ高いほど LIBORよりも割増しな金利を払う必要がある。なお、 LIBORと同水準で資金の調達が行われた場合には「LIBOR フラット」または「Lフラット」と呼ばれ、LIBORよりも低い金利で資金調達が行われた場合には「サブLIBOR」と呼ばれる。

類似のものとしてはTIBOR があげられる。これは東京の市場における銀行間の貸し手レートを毎日午前11時に全国銀行業界が集計して発表しているものである。