NTT再編問題

【 2010年問題 】

NTT再編問題とは、いくつかの事業会社に分かれているNTTグループを再編することが議論されている問題のこと。総務省では専門のタスクフォースが設置されている。

NTTは持株会社であるNTTのもとに、事業会社であるNTT東日本、NTT西日本、NTTコミュニケーションズ、NTTデータ、NTTドコモなどが傘下に入っている。総務相が掲げる、すべての世帯に光ファイバーによるブロードバンドを普及させるという「光の道」事業の実現にあたり、NTTの光回線事業をNTTから分離させるか否かNTT再編にあたっての焦点となっている。

原口総務相が2010年内に再編方針の結論を出すとしていたため2010年問題とも呼ばれたが、2010年9月に交代した片山総務相は年内に結論を出すことにこだわらない姿勢を見せた。