アウトバウンド

アウトバウンドとは、ダイレクトマーケティングにおいて、企業が自社の顧客や見込み客に対して、電話などで直接コンタクトを取る手法のこと。一方で、顧客が企業に電話をしてくるのを「インバウンド」という。

「アウトバウンド」によるダイレクトセールスを行う場合、顧客が電話に出るか否かは不明であるために営業効率は低い。また、電話を受けた時に顧客が何をしているのかも不明であり、そのタイミングや内容によっては、企業に対する不満を形成してしまうリスクもある。そのため、顧客データベースの活用による、適切なタイミング、あるいは適切な商品およびサービス内容によるダイレクトセールスが望まれる。