オークション方式

オークション方式とは、金融市場での取引方法のひとつで、条件が合った売り注文と買い注文を連続して約定させていく方式のこと。売買は価格優先、時間優先、成行優先というルールに基づいて成立する。

買い注文の場合は値段の高い方、売り注文の場合は値段の安い方が優先され、値段が同じだった場合は、時間が早かった方が優先される。値段も同じで時間も同時だった場合には、成行が優先される。

オークション方式は取引相手が見つからない場合は取引が成立しないため、取引量の少ない株や為替流動性が確保しにくい面がある。オークション方式に対して、マーケットメイカーが売り気配買い気配を提示して取引する方式をマーケットメイク方式といい、マーケットメイク方式は取引の少ない株式や為替の流動性を確保することができる。