クレジットクランチ

クレジットクランチとは、信用危機。金融システムが麻痺し、危機的状態に陥ること。クレジットクランチが生じると、金融機関が貸し渋りをするため、事業会社が採算以上の高金利を支払っても資金調達が困難になる。そこから経済活動が全体的に沈滞化し、さらなる信用不安を招くという悪循環となる。

1997年以降の日本でのクレジットクランチは、バブル崩壊後の日本経済の深刻な後退によって、金融機関の総資産減少、自己資本率の低下が起こり、金融機関はBIS(国際決済銀行)に定められた自己資本比率を維持するための是正措置をとったことが背景にある。