クレジットコスト

クレジットコストとは、不良債権(経営が破綻し、回収不能な貸付金などの債権)を処理したことにより、その期の損益計算書に算出される損失額のこと。

処理の方法としては、倒産などで債権回収がまったく出来ないと判断された債権を資産から差し引き、貸借対照表(バランスシート)上で処理を行う「間接償却」や、経営破綻となる懸念がある取引き先などに対する貸し出しを資産に残したまま、将来の経営破綻に備えて事前に費用として貸倒引当金を計上する「引当て」、民事再生法などの法的整理債権放棄などの私的整理による「直接償却」や「不良債権の売却」などがある。

銀行やクレジット会社などの金融機関は良質な債権を増やし、クレジットコストを削減することを目指している。また、一部の銀行では返済することを前提に公的資金による資本増強を受け、不良債権処理の促進を図っている。