コブランディング

【 ブランドバンドリング 】

コブランディングとは、複数の既存ブランドを組み合わせて一つの製品に用いること。

主な利点としては、広く認知されている既存のブランドを複数結合させるため、説得力のある製品イメージを構築しやすい点にある。それにより、既存の標的市場において売上を伸ばすだけではなく、新たな消費者やチャネルの開拓も可能である。

また、顧客に選択してもらえる可能性が高まり、製品を市場へ導入する際のコストを削減することも可能となる。

一方で欠点としては、ブランドイメージのコントロールが困難になる点がある。また、既存ブランドの焦点がぼやけてしまうなど、そのイメージに悪影響を与えるリスクも存在する。