サブプライムローン

subprime loan

サブプライムローンとは、アメリカの低所得者層や信用度の低い個人を対象にした住宅融資のこと。融資の審査基準が厳しくないため、銀行などで断られた人でも借り入れることができるが、信用度の高い人を対象にした「プライムローン」よりも金利が高めに設定され、さらに数年後には金利がだいぶ引きあがり10%を超える高金利になる商品が多い。

サブプライムローンの利用者の中には、借り入れた資金で購入した住宅を転売して利益を得ようとした人や、手持ちの自宅を担保にして借り入れた人などもいるが、アメリカの住宅価格の下落によりローンの返済見込みが立たなくなり、延滞率が上昇していることが社会問題となっている。

これにより、サブプライムローンを取り扱っていた中小規模のローン会社がすでに数十社経営破たんしており、今後、増加するという見込みがある。

一方、サブプライムローンは、住宅価格が上昇すれば転売や担保の価値が上がるため信用度もアップするということから、金利の低いプライムローンへ借り替えることができるという仕組みにもなっている。