フレックスタイム制

フレックスタイム制とは、各労働者が始業、終業の時刻を自由に決められるシステムのこと。

始業、終業とも完全に自由という場合もあるが、一般的には1ヶ月や1週間など、1ヶ月以内の一定期間における標準総労働時間をあらかじめ定めておく。各労働者は、その枠内で毎日の始業、就業時刻を決めていく。

通勤ラッシュを避けられることや、生活と仕事のバランスをとりながら効率的に働けることなどがメリットとして挙げられている。労働時間の短縮などを目的として、このシステムを導入する企業も増えている。

なお、フレックスタイム制の多くは条件付きフレックスタイム制となっている。ここでは、1日の労働時間のうち、必ず勤務しなくてはならない時間帯(コアタイム)と、その時間帯ならばいつ始業、終業してもよい時間帯(フレキシブルタイム)とに分けられている。ただし、コアタイムは必ず設定しなくてはならないものではなく、全てをフレキシブルタイムにすることも可能である。