ブランドエクイティ

ブランドエクイティとは、ブランドが持つ資産的価値のこと。欧米を中心に海外ではブランドを資産として捉えるこの考え方は古くから存在する。同じ種類の製品で品質が等しい場合も資産的価値は等しくならず、ブランドによって異なってくる。そのため一般的には競争優位をもたらしプラスの効果を生むが、不祥事によるブランドの崩壊などでマイナスの資産、つまりは負債になることもある。ブランドエクイティの構成要素としては、ブランドへの愛着を示すブランドロイヤリティ、ブランドの認知度、消費者がブランドに対して主観的に感じる品質、そのブランドから連想される強く、好ましく、ユーモアな言葉の多さ、特許や流通経路などその他の資産、などが挙げられる。これが高いブランドは消費者に対して好感や信頼感を与えることができ、企業にとっても高い価格設定や流通経路の支配などを可能にさせる。このブランドエクイティを高めるための最も重要な要素は、商品自体が差別化されていて魅力的であることや、品質が信用できるかになる。ただし、製品やサービスの基本的な品質に大差がなくなった現代では、デザインやスローガン、ネーミング、キャラクターなどにより独自の世界観を作りだし、安定した顧客を取り込むことも大切である。そのため、広告活動や統合されたメッセージの発信、信頼できるパブリシティでの活動を継続的に行っていくことも企業には求められている。