プライシング

プライシングとは、製品やサービスの価格を決めること。プライシングの基本として、製品の製造コストに利益を上乗せするコストプラス方法があり。コストプラス方法では最低価格が製造コストとなる。

近年ではプライシングの主導権がメーカー側から顧客側に移ってきており、プライシングの上限は消費者が出してもいいと思う価格であるカスタマーバリューになっている。他に、プライシングに影響を与える要素として、競合他社の製品の価格、需要と供給の関係などがある。

プライシングの基本は製造コストが最低価格となるが、戦略として製造コストを割り込んだプライシングをすることがある。製造コストを割り込んだプライシングは、市場のデファクトスタンダードを取る、異なったターゲットを獲得することなどを目的としている。