プロダクトライフサイクル

プロダクトライフサイクルとは、ひとつの製品の導入から、成長、成熟、衰退までの変遷を表すモデルのこと。プロダクトライフサイクルの考え方では、製品には導入期、成長期、成熟期、衰退期の4つの段階があり、市場環境の変化によって製品の寿命も左右されるため、それぞれの段階でどのような対策を立てるかが必要になる。

導入期では研究開発費、宣伝広告費、販売促進費などがかかり、利益は出にくい傾向にあるが、市場に製品を認知させるため、積極的なプロモーションが必要となる。

成長期では製品の認知が進み、市場に受け入れられ徐々に売上、利益が上がるようになるが、同時に競合商品が出現するため、差別化戦略ブランド戦略チャネルの拡大などが重要になってくる。

成熟期では市場の成長が鈍化し、売上、利益が頭打ちになってくる。市場シェアの上位にある場合は、さらなるシェア拡大、シェアが下位にある場合はターゲットを絞った戦略に切り替えるなどの対応にせまられる。

衰退期では売上が衰退してくる中で、値下げ競争および既存顧客の確保、さらに撤退を視野に入れることもある。

プロダクトライフサイクルは、あくまでも一般的なモデルであり、全ての製品に当てはまるわけではなく、製品力が乏しければ早い段階で衰退する場合もある。なお近年では消費者ニーズの移り変わりの速さから、プロダクトライフサイクルは周期が短くなってきているとされている。