ワーキングホリデー

ワーキングホリデーとは、1年間様々な目的で海外に滞在し、その滞在費用を賄うために就労することが認められた制度。18歳から30歳に認められ、ビザが発行される。(一部の国では25歳まで。)2国間の協定をもとに行われる。

学生ビザとは異なり、滞在時の活動の自由度がより高いものであるが、対象国によりビザの発給数や申請期間、滞在期間などに制約がある場合もある。

2008年2月現在日本と協定を結んでいるのは、オーストラリア・ニュージーランド・カナダ・イギリス・フランス・ドイツ・デンマーク・アイルランド・韓国・シンガポールの10カ国。