一般会計

一般会計とは、国および地方公共団体で、一般の歳入と歳出に関する会計のこと。行政運営の基本的な経費を網羅した経済の活動状況の記録であり、最も基本的な経費の収支を扱う会計で、目的を限定せずに、国などが一般行政を進めるための主要な経費をまかなうものである。

一般会計の財源は、租税・印紙収入、公債金収入など。歳出項目には、政策経費を扱う一般歳出、国債費などがある。毎年1月に召集される通常国会で、来年度予算案として審議され、発表される。

他に、国および地方公共団体で、特定の事業など、一般会計と区分して設けられた会計を特別会計という。一般会計よりも、特別会計のほうが予算的には遥かに大きい数字となっている。本予算は、4月1日から翌年3月31日までの会計年度における予算のことをいう。