三番底

【 トリプルボトム 】

三番底とは、株式などで、相場が下落している状態のときに、同じような水準の安値を3回つけた、その3回目のこと。市場が底を打って上昇に転じるときに、一度安値を付けただけですぐ反発することは少なく、同じような安値水準にもう一度落ちることを二番底というが、三番底はその後上がってさらにもう一度落ちた状態となる。

「二番底は黙って買え」といわれるほど、二番底のあとは上昇傾向がみられるが、二番底のあとに三番底がくることもあり得るために注意が必要となる。

チャートから見て最も低い水準でつけた安値のことは大底といい、逆に、上げ相場のピークの中でも最も高い水準でつけた高値のことを大天井、2番目の高値水準を二番天井、3番目の高値水準を三番天井という。

二番底や三番底などの底値同士をチャート上で水平に結んだ線をサポートラインと言い、相場でのひとつの基準価格となり、その価格を下回りにくいとされる。サポートラインを下回る時は相場に大きなエネルギーが働いていることを意味し、それ以降大幅に値を下げる可能性がある。