不動産

不動産とは、日本の民法では土地および土地の定着物のことと規定されている。土地は土、砂、立木、植物などの構成物を含んでおり、土地の定着物は建物のこと。立木法の登録をした立木は土地とは別個の不動産として考えられる。

日本では土地と建物を別々に登記する必要があり、それぞれに固定資産税が課される。また、自動車や船舶動産だが、不動産の登記と類似した登録方法となっている。